そういえば、ブログ運営報告というものをシリーズ化してやっていたけれど、そんなに皆さんに読まれている様子は皆無でしたし、そもそもこんな弱小ブログの運営報告なんて誰も興味ないんだろうなということを薄々感じてはいました。

(過去記事)

けど、改めてブログ運営報告記事を書くことの意味について考えてみた時、他の人に自分のブログがどれだけアクセスを集め、収益を稼ぎ出しているかを伝えるという目的もあるかもしれないが、実はそれはほんの一部でしかなくて、自分自身がブログの成長を記録し、いつでも見返すことが出来るようにしておくことが重要なのではないか、そう思うに至ったのです。

母親が子供の成長記録をアルバムで残しておくように医師が患者の治療歴をカルテで残しておくように、僕たちブロガーは『何よりも自分のために』ブログ運営を記録しておいてもよいのではないでしょうか。

まず、収益について確認しておきましょう。僕のブログの収益源は『某クリック型広告』の1点のみです。2018年10月の収益は次の通りでした。

キャプチャ



USD 1.47でした。

これを多いととるか、少ないととるか、その意味合いは情報の受け手次第ではあるんですけれど、あえて個人的な所感を述べさせてもらうならば、こんな駄作だらけの、しかも更新も月に数回程度しかできていないブログで、1.47米ドルもの収益を稼げるなんて、なんと素晴らしいことか、というのが僕の持つ感想です。

いまの銀行の預金につく利率を知っていますか?

ブログ収益も預金の利息も、基本的には何もしないでも発生するものという性質を持っていると考えられますが、ブログのほうが圧倒的に収益を生んでくれるのです。これはすごいことだと思うのです。一刻も早くブログを始めるべきです。

僕も細く長く続けていければ、と思っています。