どうも、こんにちは。アラサー独身社畜リーマンの黒澤と申します。今回の記事からはまた新たなシリーズものとなります。題して『アラサーリーマン3人衆 2018年12月筋トレ合宿in台湾』です。

数々の友人や会社の同僚たちがめでたく結婚していく中、私は今なお独身男性(いわゆるバチェラー)というステータスを堅持しております。このステータスに身を置くことによるメリットがあります。それが『好きな時に、好きなところへ行って、好きなことが出来る』というものです。このメリットは旅好きの私には非常に大きなものになります。この自由をまだまだ手放したくはありません。

さて、今回の旅は3人旅です。私と高校の同級生2名との男の3人旅です。実は、修学旅行以外で彼らと海外へ行くのは初めてです。実に12年ぶりに彼らと海外へ飛び出すことになりました。本当に素晴らしいことです。高校時代の友人は本当にいつまでたっても一緒にいて楽しいものです。彼らを大切にしたいと思いますし、今もしこのブログを読んでいる高校生がいたら、ぜひ今の友人を一生大切にしてもらえたらなぁ、そんな風に考えています。


2018年12月22日朝、関西国際空港へ集合

私は普段東京に住んでいます。しかしこの時は会社からお暇を出されていましたので、前日まで広島を一人旅していました。

男黒澤のひろしま一人旅


ですので、広島から東京へと戻るのではなく、大阪へ赴き、今なお関西に住んでいる友人2名と一緒の飛行機で台北へ向かうことにしたのです。私は前日までの疲労により寝坊する可能性が高かったので、かなり早めの時間設定で関西国際空港へと向かいました。恐らく3人のなかで一番ノリだろうと思っていました。

しかし、上には上がいました。

一緒に向かう友人の1人であるピスコくんです。

01


彼はどうやら前日遅くまで酒を飲んでいたらしいのです。しかもそれだけではなく、夜のお店もしっかりと堪能してきたそうです。そして申し訳程度の睡眠をとり、この度に臨んできました。まったく、すさまじい性欲だ、と私は感心いたしました。

本来なら体力的にかなり厳しいはずなのですが、彼のテンションは高かったです。これから始まる最高の旅に、まさにココロオドルといった感じでした。

そして、もう一人の友人は屁太郎くんです。彼もすぐに関西空港で合流することができました。


台湾用のSIMカードを購入

現代っこである我々にとってネット環境はかなり大切です。一昔前であれば、グローバルWi-FiやイモとのWi-FiなどでWi-Fiルーターをレンタルして海外へ行くことが主流でした。しかし、そんな話も今は昔。いまは現地で使えるSIMカードを購入していけばいいのです。今回の旅は2泊3日でしたが、台湾であれば5日分のSIMが1,500円程度で購入できます。格安スマホを日本で使用していますが、むしろ台湾SIMを使用しているときのほうがネット環境がよかったです。趣味のツイッターもストレスフリーで堪能することが出来ました。

タイに行くとき(新天皇即位時の10連休)はAmazonで事前に購入しておこうと思います。


いよいよ台湾に上陸

SIMカードを買ったらいよいよ飛行機に乗り込みます。これから始まる史上最高の旅。我々アラサー独身3人衆も年がいなくわくわくしていました。そして数時間のフライトの後、ついに台湾に上陸しました。

02

日本の3連休、そして海外ではクリスマス休暇でしたので、イミグレは非常に混んでいました。しかし、その時間を利用し、日本のSIMから台湾SIMへと差し替えることにも成功したのです。

入国審査を終えた我々は、すぐに台北市内へと向かいます。

03

空港からは安いバスで向かいます。ここら辺は台湾訪問が通算3度目となる私がエスコートします。バスにしばらく揺られていると台北のメインステーションに到着しました。ついに憧れの台湾に男3人降り立つことが出来ました。

否応にも興奮してしまいます。

04


これから始まる3日の旅が、始まりの合図を告げました!!


続く