2日目の朝は6:00に始まりました。

まずは旅館の温泉に入ります。

最高に気持ちいいです。

いつも出社前に朝風呂(シャワーのみ)をしていますけれど、そんな都会の無機質なシャワールームとは一線を画して余りあるというものです。本当に此の世なのか疑わしいほどの気持ちよさでした。思わず昇天しそうなほどでした。

そして朝7:00からは朝ごはんです。

00



朝ごはんも実に豪華でした。普段、私の朝ごはんはプロテインとプロテインバーだけですので、こんなにがっつりした朝ごはんを食べられることに感動し、思わず頬を涙が伝いました。

01

もちろん、飛騨牛でプロテイン補給もばっちりです。

朝ごはんを食べたあとは、すこし二度寝します。ほんとうに気持ちいです。普段は急いで身支度を整えて、満員電車に飛び乗る時間ですが、この日だけは本当に自由だったのです。




この自由を思う存分謳歌しなくてはなりません。そして、思う存分、謳歌することができました。最高に幸せな時間だったということができるでしょう。

さて、二度を終えて、ついに旅館をチェックアウトしました。

02




天気は良かったです。

てくてくと転ばないように慎重に歩きながら、高山駅へと向かいます。

03


高山駅の隣には、前日到着したバスターミナルがあるのですが、この日もそこから出発するバスに乗って白川郷へと向かうのです。

バス停につくと、もうすでに多くの人がバスを待っていました。その大部分が中国語を話していたので、中国人にも大人気なのだと思います。








04


白川郷行きのバスは結構出ていますが、予約しておけば確実に乗ることができます。私は予約していきませんでした。もし人が多すぎて1台に乗り切れなければ、もう1台呼んでくれるので、仮に予約していかなくても安心してください。

私もちゃんとバスに乗ることができました。

05

バスに乗って、雪道を進みます。

06

40分ぐらいでしょうか。バスがついに白川郷に到着しました。

07

さっそく合掌造りの家が見えます。

展望台から白川郷全体をまず見たいと思いました。展望台までは歩いていくことも可能ですが、私は無理せずシャトルバスに乗り込みます。バスに揺られて10分程度で山の上に到着します。

そこからは素晴らしい景色を望むことができました。

08

すごい美しさですよね。

この写真をツイッターでも投稿したところ、多くの方に反応してもらうことができました。




普段、私のツイッターはフォロワーの皆さんに無視されているも同然なので、こうして反応がもらえると本当にうれしいです。

展望台の近くのお土産屋さんにはコナングッズもありました。

09


それにしても、合掌造りは勿論なのですが、雪景色が本当に美しいですね。空気もきれいで、東京都は全然違います。本当にリフレッシュできます。心が洗われます。

10

展望台を降りて、再び街中に降りていきます。


11

滑らないようにゆっくりと歩きながら、世界遺産の街並みを楽しみます。


12

美しい小径です。

水路では魚が元気に泳いでいました。

13

また歩き続けます。

14

「和田家」に入ります。

17

このように中を見学できる家もありました。

こうして白川郷を楽しんでいると、時間はすぐに経過し、お昼になっていました。最後にランチを食べようと思いました。





白川郷にはいくつか飲食店がありますが、今回はこちらのお店にお世話になることにしました。

さっそく豪華なランチを注文します。

19

20

めちゃめちゃ美味しかったです。

白川郷。景色は綺麗ですし、ランチも最高に美味しいです。

まだ行ったことがない人は絶対に行くべきだと思います。

こうして帰りのバスに乗り込みました。

帰りは富山駅経由で東京まで戻ります。


つづく