サワディカー。黒澤です。
遂にこの時がやってきた。

そう、日本に帰る時である。

IMG_2464

ドンムアン空港のエアアジアカウンターで、先ほどチェックインとラゲージを預けてきた。

そして、空港内のレストランで最期の晩餐。

IMG_2467

この旅で死ぬほど飲んだチャンビールと、同じく死ぬほど食べたパッタイ。

またまたオーダーしてしまった。

だって、アロイんだもの。

止められないよ、これは。

日本に帰ったら、節制とワークアウトに努めたい。

個人的にはやはりムエタイ体験がすごく刺激になった。

格闘技のトレーニングって、ハンパない。

これまでワークアウトしてきて、身体が少しは改造されたと思っていた。

しかし甘かった。

凄まじいトレーニングだった。

ビギナーコースなのに。

自分の甘さを思い知った。

まさに筋トレ合宿の名に恥じぬ何かを得ることができた。

そんな風に考えている。

今回が2回目のタイだった。

前回は学生時代。

今回は金にものを言わせる旅。

パタヤ、ナナプラザ。

どちらも最高の夢を見た。

最高のレインボーが空に掛かった。

また是非訪れたい。

個人的には、ウォーキングストリートでは宿題を与えられた格好だ。

Just do it.

これの重要さを学んだ。

機を逃してはならない。

人生の教訓となった。

さまざまな経験を積むことができた。

楽しく素晴らしい旅だった。

一方で、課題も見つかった。

楽しいだけではない。

非常に実りある合宿となった。

日本に帰ってもこの想いを忘れることなく、日々精進してゆくことをここに誓う。

コップンカー、タイランド。


―完―