Workaholic Tokyo

京都大学を卒業後、ワーカホリックな日々を送る黒澤のブログ

日本企業の生産性は低いと言われているが、その理由は一体どこにあるのだろうか。

その一つに、日本企業では「ごめんなさい」で済む文化があるという。業績が悪化し、目標が未達でも、経営者が株主総会で謝罪すれば済む。そう思っている経営者が日本企業には多いという。外資の場合、たとえ売上目標を達成することが難しいとしても、コストカットを断行するなどによって、利益は必ず死守するという。なぜならば、利益を出さなければ確実に退任に追い込まれるからだ。経営者は、自らの身を守るためにも、どんなことすぉしてでも利益を出すための手立てを考案し、実践するのである。

経営者が「謝れば済む」と思っていると、従業員にも危機感が伝わらず、ますます経営が傾いていく。コミットした目標に達しない場合は強烈なプレッシャーにさらされる。

『外資の流儀』という本を読み、自分の考えの整理も兼ねて書き綴ってきた。何かの役に立つ機会が来るのだろうか。





コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット