どうも、黒澤です。

私、普段は都内で働いていますが、週末や長期休暇が取得できた折には様々な地域へ旅行をしています。それは、国内・海外を問いません。英語を使う場面も頻繁にあります。

今日はホテルのチェックイン時に使える英語表現を学びたいと思います。

building-66789_640


I'd like to check in, please.
チェックインしたいんやけど。

Certainly. May I have your name please ?
かしこまりました。お名前頂戴できますか?

My name is Kurosawa.
黒澤と申します。

Here is my confirmation slip.
はい、これ予約確認書。

Thank you. Your reservation is for three days.
あざます。3日間滞在ですね。

May Ih have a twin room ?
ツインルームにしてくれる?

以上がオーソドックスなチェックイン時の会話になります。
応用編として次のような表現も学んでいきたいと思います。





It's a little early, but may I check in now ?
ちょっと早いけど、もうチェックインできたりする?

If you don't have any rooms, could you arrange a room in anothe hotel ?
部屋がないんやったら、別のホテルを手配してもらえるかな?

Can you keep this bag until I check in (3 o'clock) ?
チェックインの時間まで荷物を預かってもらえますか。

Do you need help with your bagage ?
お荷物、お運びいたしましょうか?

Would you have my bagage sent up ?
荷物を部屋まで運んでください。

I'll carry my bag myself.
荷物は自分で運びます。


どれも一般的に使う表現だと思います。海外旅行に行く際はこれらの表現は必須ですね。しっかりとマスターして、楽しい旅行と快適なホテル生活を送りたいです。