どうも、年収1000万アラサー独身リーマンの黒澤です。

私は今、社会人をしています。

大学を卒業してからずっと、です。

一定のキャリアを積んできた、と言えるのではないでしょうか。

そんなこともあって、いまの私の年収はおよそ1000万円です

ありがとうございます。

さて、私の生い立ちを軽く説明しますと、

地方の普通の家庭に生まれました。

親は会社員です。

はっきり言って学歴とは無縁です。

名家の子供でもありません。

私は、自宅からほど近い普通の小学校に通っていました。

特に変わったことはしていません。

普通に学校に行き、放課後は友人と遊び、普通にテレビを見て、普通に母親の作った飯を食べ、普通に宿題をし、普通に風呂に入り、普通に床に就き、普通に就寝し、普通に夢を見て、たまには夜更かししてテレビを見る。

そんな普通の小学生時代を過ごしていました。

そんな幼少期を過ごし、特別なことは何も起こらなかった私の人生ですが、いまこうして年収1000万を稼ぐことができています。


では、私の周囲の人たちはどうなのか?


みんな、そんな平凡な人生をおくってきたのでしょうか?

出身大学はどこなのでしょうか?

また、会社では出世しているのでしょうか?


私の周りにいる同僚たちに今回は焦点を当てて、大学別に語ってみたいとおもいます。


meeting-1453895_1280








1.早慶出身者が多い!!

まずはやはりこれではないでしょうか。

早慶出身者が幅を利かせています。


waseda




「〇〇会」という出身者の会を作り、強固な社内ネットワークを構築しています。


keiou



一定程度、彼らの中から出世しているような気がします。

研修なんかも優遇されているのか、と思うぐらい早慶出身者が行きますよね。

例えば海外研修とか。

もしかすると、面接とかがうまいのかもしれませんね。
(私のような京都大学出身者はひねくれ者が多く、はっきり言うと面接ウケとかはしないタイプが多いように感じられますね)

彼ら一人一人に焦点を合わせてみますと、やはりボンボンが多いような気がします。

家に暖炉があったり、実家が大地主だったり。

ぬくぬくと何不自由ない人生を送ってきたことがうかがえます。

tenryuubito



ワンピースの世界で言うと天竜人です。

我々のような庶民とは生きる世界が違ったのです。

彼らのほとんどが小学校はおろか、幼稚舎からのエレベーター組です。

もう、別世界の友人ですよ。

性格は基本的にはいいやつが多いですね。

まさに陽キャです。

20180814065539




良い人たちなんですけど、やや眩しすぎて、長時間一緒にいたりするとは、ちょっと疲れますね。









2.東大は強い!!

東大出身者の頭の良さには脱帽です。

本当に頭が切れるし、知識量も圧倒的です。

99%の確率で有能です、

たまにそうじゃない人(あきらめてる人)もいます。

頭が良すぎると会社に対して諦めてしまうこともあるようです。


raito



一生懸命働こうがそうじゃなかろうが、得られる収入に大差はないと。

ある意味、賢い生き方をされているのかもしれませんね。


3.バイタリティでのし上がる関西の私立勢

関西学院、関西、同志社、立命館。

いわゆる関関同立出身者も結構たくさんいます。

彼らのうち、出世しているのはどういった人物かいうと、その大半がアグレッシブなパワー系人材です。

営業畑から腕一本でのし上がってきたような人たちです。

仕事には熱く、そして厳しくもある。

一方で義理人情に厚く、部下想い。

そんなザ・営業マンという人々を想像してもらえればよいのではないかということです。

ここで押さえておきたいポイントは

関関同立は頭良い人材扱いをされない

ということです。

あくまでアグレッシブさが最も重要です。

人一倍アグレッシブでなおかつ頭も切れれば最高ですが、なかなかそんな人はいません。

もしも今、関関同立に在籍していて、普通の就職活動をしていて、高年収を目指しているという人がいるならば、まずはアグレッシブさを磨くことをおすすめします。

圧倒的な明るさ、フットワークの軽さ、破天荒さ。

paripi




若いうちはこれだけで良いのではないか、というのが私の持論です。

無論、キャリアを重ねる上では一定の頭の良さも求められるので、その点には十分注意しておく必要があるでしょう。

かなり特殊な技能をすでに備えている(例えば、弁護士だったり公認会計士の資格を持っていたり、3ヵ国以上の外国語を話せたり…)ようであれば、話は別ですが。



4.地方国公立出身者について

たとえば、北海道大学とか九州大学とか、東北大学とか色々います。

基本的には「関関同立」と同じ枠の中で戦っているような気がします。

一方で早慶の爽やかさ、品の良さ的なものも求められているような気もします。

もちろん、特殊な技能のない文系学生に限った話ではありますが。

基本的にはバイタリティが低ければ通用しないというか、低く見られがちなクラスタだと認識しておくべきだと思います。

なんとなくですが、将来的なことも考えると、今の受験生に言いたいのは、偏差値的に地方国公立を志望校にする場合は基本的に理系であることをオススメします。

その方が、コスパがよさそうな気がなんとなくしています。

もちろん、算出したことないので分かりませんが。

自分の持ち得る能力以上を求められ、プレッシャーに晒され、病んでしまう層が多いのはここのような気がしますね(黒澤しらべ)

yare




5.京都大学出身者は出世しているのか

基本的には出世していると言えます。

京大出身で出世していない方が珍しいような気がします。

皆、一定レベルまでは出世しています。

頭がキレるということもあるとは思いますが、「東大には負けねえ」というプライドもあるものと思いますね。

反骨心を向上心に変え、東大を勝手にライバル視して、成長を遂げていく。

「自由な京大」っぽくない感じの人が多いような気がします。

ただ、「こうと決めたらこう!」と、頑固にひたすら突き進むことを厭わないという点では、京大っぽいのかもしれません。

長く働くことを前提とした会社であれば、京大生はその真価を発揮しやすいのかもしれませんね。



6.まとめ

ここまでまとめてきた通り、年収1000万サラリーマン黒澤の周辺の人たちについてざっくりと書いてみました。

会社の雰囲気などにもよると思うので一概にこれらが正しいとは言えない点については、ご了承いただければ幸いです。







また、ここまで書いてきて思うことを以下に記載しおきます。

新卒の会社員にとって、出身大学というのは意外に重要だということです。

どういう点が重要かというと、出身大学によって求められる能力(能力値ではなく、分野)が異なることが挙げられます。

「頭の良さで勝負したい」と思うのなら、上位国立大学を目指した方がいいです。

入社した時は出身大学くらいしかその人の属性をなんとなく判断する指標がないのです。

逆に言えば良くも悪くも、出身大学というステータスを、人柄を判断する際のひとつの指標にしてしまっているのです。

その結果、「こいつ、〇〇大学のくせにノリ悪いな…」とか思われてしまうのです。

これは絶対に損。

偏差値もそうですが、自分の性格に合った大学を目指したほうがよいでしょう。