まずは某表計算ソフトで作成した以下の表を見て頂こう。




0e3072b1.jpg


あまりにも酷い。

なにも生み出していないに等しい。

記事自体はまずまず書いてきたと思っている。

しかしそれがPVや収益に全く貢献できていない。

思いのままに書き連ねているというのもある。

SEOなど気にしたこともない。

それにしてもだ。

投入している時間に対する成果としては、あまりにも酷い。

私の目標は月に10万円の収益をブログで挙げることだ。

これだけあれば死にはしないだろう。

死にはしないことさえ確定できれば、仕事を辞めることだってできる。

最低最悪の人生になるかもしれないが、とりあえず死なない。

これは重要なことだ。





考察:絶望的な現実と向き合う

厚労省が公開した「平成29年簡易生命表」によれば、日本人男性の平均寿命は「81.09歳」、女性は「87.26歳」だったという。

私に残された時間はあと約50年だ。

50年×365日=18,250日

これが私に残された時間だ。


そして私のブログの実力は月収56円。

10万円に到達するには、約1,785倍のペースで記事を量産する必要がある。

8月に書いた記事は16記事。2日1記事のペースだ。


これの1,785倍のペース、すなわち2日に1,785記事、1日当たり893記事のペースで執筆する必要がある。


単純に考えれば、このペースで初めて月収10万円に達する。

私は何事も諦めないし、やらないよりやるを信条としている。


しかしこの数字はあまりにも異次元。

最早数字どうこう、諦め云々の話ではない。

ブログ更新数のギネス記録は1日1,001記事。

狩野英孝が“1日のブログ更新ギネス記録”申請へ。大喜利1,001回で「大喜利ーズハイ」を体験。


それを大幅に超えるペースで書き続けなければならない。


不可能だ。


これは最早ビジネスではない。

金を稼ぐ手段としてブログを考えてはいけない。

少なくとも現状、口が裂けてもブログで稼ぎたいなどとは言えない。


しかし、ここから這い上がるしかないのも事実。

後ろには道は無い。

もう、進み続けるしかない。

どうなってもいい。


書いて書いて書き続ける。

血を吐く思いでパソコンに噛り付く。



これは夢ではない。

目標だ。


私はブログで財を成す。

このうログを始めた時にそう誓ったのだ。


もうやるしかない。




☆8月人気記事☆














以上。


ここから這い上がる。