Workaholic Tokyo

某地方国立大学を卒業後、ワーカホリックな日々を送る 年収1000万サラリーマン黒澤のブログ。 常に逆境の人生。いつも這い上がってきた。 これまでも、そして、これからも。

Workaholic Tokyo イメージ画像

2018年12月 台湾の旅

台湾3日目の朝。すなわち、最終日の朝である。我々はこの筋トレ合宿で初めてジムに行き、運動することに成功した。ごく限られた時間ではあったものの、これまで筋トレ合宿と銘打ちながら、汗の一滴も流すことなく過ごしてきたことに対する贖罪ができたのではないか、そういう
『【アラサー独身リーマン3人衆】2018年12月筋トレ合宿in台湾⑩いよいよ台湾とお別れの時。最後に、天使のような女生と出会う』の画像

皆さんはお気付きだろうか?この台湾記シリーズは『筋トレ合宿』と銘打っているにも関わらず、今なお筋トレをしていないことに。筋トレをしないまま記事は進み、すでに9本目に突入しています。これをなんと呼ぶか、皆さんはご存じだろうか?そうです。詐欺です。これは間違い
『【アラサー独身リーマン3人衆】2018年12月筋トレ合宿in台湾⑨ホテルで初めての筋トレを敢行』の画像

士林夜市で女性に声をかけることが出来ず、我々は敗北感に打ちひしがれました。異国の地に来ているテンションをもってしても、我々には女性をナンパする勇気が出なかった。所詮はアプリの中でいいねをして始まる恋しか我々にはできないのかもしれない。我々はリアルを生きる
『【アラサー独身リーマン3人衆】2018年12月筋トレ合宿in台湾⑧金年華サウナへ足を踏み入れた3人の前に広がる世界とは…』の画像

火鍋を無限に食べた我々はもう動けません…。いよいよ体力の限界を迎えつつありました。我々はもう目前に30歳を見据えています。10年ほど前、つまり、我々が初めて出会った高校生の頃とは、心も体も、驚くほどに老けてしまっていたのです。高校生の頃ならば、昼飯を食べた後
『【アラサー独身リーマン3人衆】2018年12月筋トレ合宿in台湾⑦マッサージで体をほぐし、『大腸王』に出会う。そして、士林夜市でアジアンテイストな夜を楽しむ』の画像

西門駅周辺の散策を終えた我々は一度ホテルへと戻ります。ホテルで早速おそろいのレアルマドリードのユニフォームに着替えます。男3人が色違いの服。周りから見れば奇異の目で見られるかもしれないですが、我々にとっては、これが友情の証なのです。何にも代えられない、宝物
『【アラサー独身リーマン3人衆】2018年12月筋トレ合宿in台湾⑥龍山寺で互いの幸せを祈り、火鍋を無限に食べ続ける』の画像

2日目。本来であれば、この合宿の目的は『筋トレ』でした。夏に向けて体を作り上げる。スポーツ選手でいえば、シーズン通して活躍するための基礎を固めるキャンプ。ここでサボっては、夏に夢を掴むことは到底できないのです。それが現実なのです。しかしながら、前夜のマンシ
『【アラサー独身リーマン3人衆】2018年12月筋トレ合宿in台湾⑤阿宗麺線で朝食&西門周辺を散策』の画像

九份からホテルに戻ってきたアラサー独身男3人衆。この日の夜はもう一つ、訪れるべき場所がありました。それは、とあるマンションです。 このマンションには、我々だけで行くことは出来ません。我々には場所が分からないですし、案内係の者を呼ぶしかありませんでした。イ
『【アラサー独身リーマン3人衆】2018年12月筋トレ合宿in台湾④マンションのチャイムを鳴らすと、その先には…』の画像

1日目の夕食を食べ終えた我々は、いよいよ台北で最も有名なマストスポットである『九份』へと向かいます。九份へは、バスに乗って向かいます。我々はバス乗り場へと向かいます。このテンションです。そして、バスに乗車しました。ところが…なんと、乗車したバスが交通事故を
『【アラサー独身リーマン3人衆】2018年12月筋トレ合宿in台湾③バスが事故るも、九份を無事に観光』の画像

アラサー独身男3人衆は無事台北駅に到着することができました。ここからホテルのある龍山寺駅まではメトロで向かいます。駅に向かう途中、日本製コンドームのどでかい広告を目にします。記念にパシャリ。こんなにくだらないことで馬鹿笑いできるのも、気心の知れた友人と来た
『【アラサー独身リーマン3人衆】2018年12月筋トレ合宿in台湾②鼎泰豊で絶品小籠包に舌鼓』の画像

どうも、こんにちは。アラサー独身社畜リーマンの黒澤と申します。今回の記事からはまた新たなシリーズものとなります。題して『アラサーリーマン3人衆 2018年12月筋トレ合宿in台湾』です。数々の友人や会社の同僚たちがめでたく結婚していく中、私は今なお独身男性(いわゆ
『【アラサー独身リーマン3人衆】2018年12月筋トレ合宿in台湾①出発の刻(とき)』の画像

↑このページのトップヘ