6月24日(月)24日の債券市場で、長期金利の指標となる新発10年物国債利回りは前週末と比べて0.015%高い(価格は安い)のマイナス0.155%だった。欧米中銀が金融緩和に動くとの観測を織り込む動きが一服した。このところ金利低下(相場上昇)が急ピッチで進んできた反動もあ